インタビュー / 荒井 啓希
INTERVIEW / ARAI YOSHIKI

荒井啓希

今はどのような仕事をしていますか?

一年間の製造研修を終え、営業係として一年目ということで、担当エリアの上司と一緒に役所、業者、現場などに足を運び、上司の営業の仕方を間近で見ながら勉強する、ということが多いです。営業という仕事にまだ慣れていない私にとって、とても参考になります。ですが、段々と物件を一人で担当し、現場監督さんとの打ち合わせなども行う機会が増えてきています。現場で製品が欲しい日に、数量、寸法などの間違いが無く納品できるように、納品依頼をする際は注意を払います。

事務所内では、物件情報を見て見積を作成したり、納品依頼をしたり、主にデスクワークをします。物件情報を知ることは、営業をしていく上でスタートになりますので、とても大事な仕事の一つです。退社前には、翌日の予定を確認し、退社します。とにかく、覚えなければならないことがまだまだたくさんありますので、日々勉強です。

就職活動時と今で会社のイメージはどうですか?

荒井啓希

就職活動時は、コンクリート二次製品のことを全然知りませんでした。写真等を見て、道路で見たことあるなぁ。と思う程度で、どういった用途で使用されているのかなどもわかりませんでした。
ですが、そういった曖昧なイメージの中でも、企業説明会に参加した時に、「街を形作り、支える仕事」という説明を聞き、強い魅力を感じました。また、自分が関わることで街をより住みやすく出来るという点に、とてもやりがいのある仕事に携われる会社というイメージを持ちました。

入社二年目の現在では、まずコンクリート二次製品の種類の認識が変わりました。入社前には同じように見えていた物でも寸法が違って別の呼び方に変わったり、これもコンクリート二次製品なのか!という用途で使用されていたりと、種類の多さに驚きました。
そして、現場を担当する機会が増えてきている状況で、実際に「街を形作り、支える仕事」を経験しています。覚えることも多いですし、もちろん大変なこともありますが、自分が携わって出来た場所が街の中にあることはなんだか嬉しいですし、とてもやりがいのある仕事だと思います。
なので、やりがいのある仕事に携われる会社というイメージは、就職活動時と変わりません!!

将来のビジョンや野望について

荒井啓希

コンクリートの知識を更に身に付けるために、コンクリート技師などの資格を取得したいです。知識を持っていることは、営業においても武器になることだと思いますので、取得のための勉強を進めていきたいです。コンクリートやコンクリート製品の知識を多く身に付け、営業の経験もどんどん積んでいき、一人前の営業マンを目指します。
現在、上司や先輩に頼ることがまだまだ多い状況ですが、社内の中でも頼られる存在になり、お客さんからも頼られる存在になりたいです。

目指す姿は「ホクエツの荒井に頼めば安心だ!」と思われるような存在です。